為替介入(外国為替市場介入)という言葉をご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、雑誌記事、テレビのニュースヤフーの報道で注目した方もいるでしょう。ハタラクティブハケン

初めから外国為替市場介入(為替介入)とは日本の場合、◯大臣(財務大臣)為替相場の安定化を実現するように実行するやり方ということで見なされています。ロスミンローヤル 評判

簡単に言うと、激しい円高または円安が起きると財務大臣の命令が出ると中央銀行である日銀が円を売り買いすることで為替相場の安定化を狙う、ことを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)はやり方が何通りかあります。

1.単独介入・・・政府機関または日銀が東京での市場の中で自分から市場に入って為替の介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議したうえで各々の通貨当局の持ち金を用い同時もしくは随時為替の介入を実行していく。

3.委託介入・・・海外の銀行などに為替の介入を委ねる。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外通貨当局に代わり外国為替市場介入(為替介入)を実施する。

こういった方法です。

いずれの種類の為替の介入も一時、あるいは引き続き為替の市場に影響力を与えます。

為替介入の額は当然ですが国の権威をかけて行なうのですからスケールが大きいです。

円ベースで説明すると、通常は数銭ずつ動いている相場が突発的に大きく動きをするのです。

個人の投資家の人ならこれまでに経験したことがあると推測できますが、そこまでは見込み通り利益(あるいは損失)を増やしていた保有高を維持していたところで、持っているポジションが決済となりましたとの内容の連絡が外為の会社からメールが・・・いくらくらい儲かったのかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済後の情報を見たら、自分で考えていた内容とはまったく反対の結果になってしまい息を飲んだといったことがあるのです。

為替介入が行なわれた際に多く聞いた話です。

こういったことから介入が行なわれることで為替の市場の動向とまったく反対の変化をするのです。

まして変動する額の範囲はかなりでかく動きますので用心しましょう。

Copyright © 2002 www.amicyclistgrandcombe.org All Rights Reserved.