「スプレッド」とは外為取引は外貨をトレードして収益を得る商取引です。

トレードの値段はいつも変動しています。

これが為替レートです。

ラジオを聞いていると、通貨の為替のニュースが流れる場面があります。

見かけるのが、「ただいまのマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを示しています。

言い換えると、取引には、買いと売りの値があります。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示している業者もあります。

普段は売値のほうが買値よりも低く決められています。

買うときには高く、売るときには安くなります。

この差額をスプレッドといい、FX業者の収入とされています。

スプレッドの広さは会社によって違います。

スプレッド幅はみなさんにとって負担になるので小さいFX業者をセレクトしたほうが得です。

ただ、同じFX取引会社でも状況によってスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

仮に通常はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッド幅だったとしても相場の上下がとても激しい場合には大きくなります。

という訳で、スプレッドが低いのと共に変化が少ない事が重要です。

現在では固定でスプレッドの幅を提示するFX取引会社もいろいろ存在します。

実際に取引業者の注文画面内で現実のレートを確かめなければ区別できないので面倒くさいですが、とても大切なことです。

大事なお金を使って売買しますので、実際のエントリーの前に、興味があるFX取引会社の取引口座開設をどんどんして、示されているスプレッドの広さを確認しましょう。

同じ通貨ペアでも、その時点の相場の状況によって、スプレッドの狭さは異なることがあります。

通常、インターバンク市場で流動性の高いペアではスプレッド幅が小さく、それ以外の外貨ではスプレッドの差が広がる事があります。

Copyright © 2002 www.amicyclistgrandcombe.org All Rights Reserved.